いびきを解消して快適睡眠生活~マウスピース作成のすすめ~

歯医者

自分の歯の代わりになる

医者

思わぬ事故や、歯の病気から自身の歯を抜かなければならないことがあったとき、歯が抜けたままにしておく方は少ないでしょう。自身の歯があったときと同じ口内状況を再現するために使われるのが、入れ歯です。入れ歯には、一部の歯を失ってしまったときに部分的に装着する部分入れ歯と、すべての歯を失ってしまったときに全体に装着する総入れ歯の二種類が存在します。入れ歯が作られる素材ですが、現在東京の歯科では豊富に存在しています。レジン床義歯という、プラスチック製の入れ歯や、金属床義歯という部分的に金属が使用されている入れ歯がよく見られます。プラスチック製の入れ歯は、形を変えるのが容易ですが、厚みがあるために入れ歯を装着しているという感覚が強くあります。一部が金属製の入れ歯は、プラスチックよりも丈夫なため、薄く仕上げることができて違和感が軽減されます。さらに最近では、磁石の力で装着する、磁性アタッチメント義歯という入れ歯も登場しています。入れ歯を装着する付近の歯に磁石を取り付けてくっつけるので、床となる部分がなく自然な見た目がよい点です。また、入れ歯の最も重要なポイントといえば、自分の口内に合っているかということです。歯の噛み合わせが合わないだけで、肩の痛みの原因となったり、顔の左右のバランスが崩れてしまうことがあります。それだけ人にとって、歯の噛み合わせは重要なことなのです。東京の歯科では、特に噛み合わせに注目した精密な入れ歯を作成するための機械を取り揃えているところも多くあるので安心です。東京では入れ歯に関するカウンセリングを無料で行ってくれる歯科もありますので、すでに入れ歯を使用している方もこれからの方も、悩むところがあれば相談から始めるのもよいです。自分の歯の代わりとして長く付き合っていくものですので、入れ歯の作成依頼をする東京の歯科医院はじっくり選ぶことが大切です。